吉村大阪府知事「ハロウィーンは戎橋で密は避けていただきたい」

2020年10月27日 18時22分

定例会見を開いた吉村大阪府知事

 大阪府の吉村洋文知事(45)が27日、大阪府庁で定例会見を行い、月末に迫ったハロウィーンについて注意喚起を行った。

 今年は新型コロナウイルス禍の真っただ中ということもあり、吉村氏は「今回のハロウィーンは3密の状態を避けて、マスクを着用するなどして、感染症対策をしながら楽しんでいただきたい」と話した。

 一方で、大阪・ミナミの戎橋周辺は毎年、仮装した人々でごった返し、戎橋から道頓堀ダイブを繰り広げる人も現れるなど、カオスな状態に陥る。

 吉村氏は「例年、戎橋に多くの不特定多数の方が集まって密集状態になる。戎橋周辺においては、地元の皆さんからも要望が出ているところで、ミナミで食事などを楽しんでいただくのは良いことだと思うんですが、戎橋で密になる状態は今年は避けていただきたい」と呼び掛けた。