「世界で最も稼いだ俳優」は2年連続でドウェイン・ジョンソン 年収は93億円 ジャッキー・チェンもランクイン

2020年08月12日 18時25分

ドウェイン・ジョンソンとジャッキー・チェン(右)

 米経済誌「フォーブス」による「世界で最も稼いだ俳優」は、年収8750万ドル(約93億3600万円)だったドウェイン・ジョンソン(48)が2年連続で1位に輝いた。

 同誌によると、ドウェインが昨年6月からの1年間で稼いだ収入のうち、2350万ドル(約25億円)はNetflixから近日リリースされるアクションコメディースリラー「レッド・ノーティス」(原題)の出演料だ。また、年収にはドウェインが監修するスポーツメーカー「アンダーアーマー」のブランド「プロジェクト・ロック」との契約料なども含まれる。

 ドウェインは元プロレスラーで「ザ・ロック」の愛称で知られる。

 同ランキング2位はカナダ出身のライアン・レイノルズ(43)で、年収は7150万ドル(約76億3300万円)だった。ライアンは昨年12月に公開されたマイケル・ベイ監督のアクション映画「6アンダーグラウンド」に主演。ドウェインと共に「レッド・ノーティス」にも出演している。

 3位はマーク・ウォールバーグ(49)で5800万ドル(約61億9300万円)。2006年の「ディパーテッド」で米アカデミー賞助演男優賞を獲得したウォールバーグは今年公開のアクションスリラー映画「スペンサー・コンフィデンシャル」に主演。同作品は3月以降、Netflixで3番目に多く配信された作品となっている。

 ウォールバーグはテレビのドキュメンタリーシリーズでプロデューサーも務めている。

 4位はベン・アフレック(47)で5500万ドル(約58億7200万円)。しばらくハリウッドから離れていたベンは今年公開予定の人間ドラマ「ザ・ウェイ・バック」でカムバック。1月リリースのNetflixのミステリー映画「マクマホン・ファイル」にも出演した。

 続いてヴィン・ディーゼル(53)が5400万ドル(約57億6400万円)5位にランクイン。「ワイルド・スピード」シリーズ第9作となる「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」はコロナ禍の影響で来年公開に持ち越された。

 以下、トップ10は次の通り

 6位 インド映画界で活躍する同国の俳優アクシャイ・クマール(52)で4850万ドル(約51億7900万円)

 7位 ミュージカル俳優リン・マニュエル・ミランダ(40)で4550万ドル(約48億5800万円)

 8位 ウィル・スミス(51)で4450万ドル(約47億5200万円)

 9位 コメディー俳優アダム・サンドラー(53)で4100万ドル(約43億7800万円)

 10位 ジャッキー・チェン(66)で4000万ドル(約42億7000万円)