ひろゆき氏 SNSの誹謗中傷問題に「芸能事務所はタレントを中傷する人を訴えまくって社会を綺麗にしてほしい」

2020年07月21日 15時19分

ひろゆき氏

 アイドルグループ「NGT48」のメンバーが犯罪に関わっているかのようなウソの情報をツイッターで流し、名誉を傷つけたとして、50歳の男が警視庁に逮捕された。

 これに2ちゃんねる創設者で実業家のひろゆき氏(43)が反応。21日、自身のツイッターで「芸能事務所は仕事が減ってるから、新たなビジネスモデルとして、タレントを中傷する人を訴えまくって社会を綺麗にするのを実践してもらいたいところですね」と独自の誹謗中傷対策を提言した。

 前日には女優の春名風花(19)が、数年にわたり誹謗中傷を受けていた相手との訴訟で、慰謝料315万4000円の支払いで示談が成立したことを公表。ひろゆき氏は「お金とはいえ、報われたのはよかった。被害者がお金貰えて、アホがお金払うようになると社会がちょっとは良くなるので、2年掛かってますがワシワシ続けて訴えてお金持ちになって欲しい」とツイートしている。