元NHK・下重暁子が手越会見をバッサリ「社会の捉え方が私たちとは違う」

2020年06月24日 09時59分

会見を終え会場を後にする手越

 元NHKアナウンサーの下重暁子(84)が24日、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」に生出演。ジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」手越祐也(32)が23日に行った記者会見について、バッサリと批判した。

 手越の会見について、下重は「この人の生きている社会は、ファンと事務所しかない」と指摘。

 さらに「社会にはいろんな人がいるんですよ。もっと勉強をしないといけない」とピシャリ。続けて「人に迷惑をかけない。そこをきちんと踏まえておかないと絶対に成功しないと思います」「社会の捉え方が私たちとは違うなと思う」と話した。

 会見で手越は、週刊誌で報じられた新型コロナウイルスの感染拡大に伴って緊急事態宣言が発令された期間中に女性らとの酒席に参加したことについて、医療従事者や実業家らと今後について話をしていたと説明していた。

 これについて下重は「私、この実業家っていうのが引っかかるんですよ。一体何なんですか? そこをはっきり言わないとだめですよ」と厳しくコメントした。