松本&東野 一茂「K―1参加」釈明の態度に苦笑い

2020年04月05日 14時08分

K-1の解説を務めた長嶋一茂

 お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(56)が5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、ゲスト出演した元プロ野球選手のタレント・長嶋一茂(54)に予告通り「クレーム」をつけた。

 一茂といえば、3月22日に強行開催された格闘技イベント「K―1」で解説を務めたことで話題になった。先週の放送では、松本が「先週(22日)一茂さん、ここにいたんですけど、K―1に呼ばれていることは故意に隠していたと思うんですけどね」と不満を漏らし「一茂さんが来たら、問いただしたい」と話した。

 そして迎えたこの日、番組冒頭で松本が「ちょっとクレームを」と言えば、MCの東野幸治(52)も「謝らなくてもいいんですけど、何か我々に言うことはないですか? 先月の22日に出演されたんですよ。その日の夜にK―1で解説をされた」と問い詰めた。

 すると一茂は「これは仕事のスタンスになる。そこに仕事があるんだから、開催を中止しない限り、ボクのほうから行きませんとは言えない。もちろん、こういう状況だから(イベントは)やらない方がいいに決まっている」と説明した。

 険しい表情で聞いていた松本に「ワザとボクたちに隠してたってこと?」と問われると「隠してないですよ。じゃ(ワイドナショーに)出るたびに明日、何か仕事があると、いちいち言った方がいいんですか?」と逆質問。さらに「分かりました。これから、事細かに言いますよ。近所に喫茶店があるんですけど、そこに行くのも言います」と応じた。

 ややムキになっているようにも見えた対応に、松本も東野も苦笑いするしかなかった。