里見浩太朗と笑福亭鶴瓶、舘ひろしの贈る言葉 東映・岡田裕介さんお別れの会

2021年03月10日 17時21分

舘ひろし
舘ひろし

 昨年11月18日に急性大動脈解離で死去した東映グループ会長の岡田裕介さん(本名・岡田剛=享年71)のお別れの会が10日、都内ホテルで行われた。

 里見浩太朗、笑福亭鶴瓶、舘ひろしは東映を通じ、贈る言葉(原文ママ)を次のように発表した。

「私、里見浩太朗は、貴方のお父様、前会長に育てて頂きました。東映という誰もが憧れる時代劇の世界に身を投じ、以来、映画、舞台、テレビにと幸運な花道を歩ませて頂きました。感謝に堪えません。裕介さん、貴方もまた大プロデューサーとして、数々の素晴らしい作品を世に残されました。私は貴方とお会いする時、いつもお父様と会っていた時と同じような思いで接していたような気がします。貴方が亡くなられる4日前に、本社の会長室でお会いしましたね。仕事の話や世間話、次に遊ぶ日の打ち合わせ。今、もう会うことができないんだ。そんな思いが頭の中で繰り返され、本当に寂しいです。残念です。『また電話するよ。』『ああ、待ってる。』最後の言葉が、今も繰り返し聞こえてきます。安らかにお休み下さい。おつかれさま」(里見浩太朗)

「大変な世の中やから会長はまだ死んだらあかん人や。正直で明るうておっちょこちょいで出会った時からほんまに気が合った。大好きやった。会長やのにこんなにイジリがいのある人はいない。イジると嬉しそうに「アホなこと言いな」と返してくれた。たぶん本人は死んだと思ってないやろ。コロナが収束する頃に戻ってきてほしい」(笑福亭鶴瓶)

「岡田会長とは、同い年で公私にわたり親しくさせて頂きました。映画『終わった人』でモントリオール世界映画祭最優秀男優賞をいただいた際は、一緒になって大変喜んでいただき、祝杯をあげてくださいました。また、近くお会いするとばかり思っていたので、残念でなりません。日本映画界を第一線でリードし続けた方であり、偉大な方でした。ご冥福をお祈り申し上げます」(舘ひろし)

 岡田さんは1970年代に映画「赤頭巾ちゃん気をつけて」など俳優として数々の作品に出演。プロデューサーとしても、高倉健さんと吉永小百合が初共演した「動乱」(80年)などを手掛けた。88年に父親の故岡田茂さんが社長だった東映に入社。2002年に同社社長に就任し、14年から東映グループの会長を務めていた。

関連タグ: