24時間マラソン最有力候補 関ジャニ・村上に腹をくくらせた意外な人

2015年02月27日 11時00分

マツコ・デラックス

 関ジャニ∞の村上信五(33)が今年夏の日本テレビ系「24時間テレビ38」のチャリティーマラソンランナーの最有力候補として名前が挙がっているという。

「当初、最有力候補者は坂上忍だったが、4月からフジテレビ『バイキング』の全曜日MCに起用されるため、日テレは泣く泣く断念。続いて大久保佳代子の名前が出たが、走っているとメークが落ち、とてもじゃないがテレビ映りに堪えられないということで落選したんです」(事情通)

 チャリティーマラソンランナーといえば、24時間テレビの主役と言っても過言ではない。日テレ内でも話題性や旬などの観点から大論争の末、白羽の矢が立ったのが、今や嵐を脅かすほどの人気を誇るアイドルグループ関ジャニ∞の村上。本人も前向きだという。

「ある人物から『サポーターとして協力する』と言われ、その気になったようです。しかも、このサポーターは要所要所で伴走までするというんです」(放送作家)

 その人物が、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのマツコ・デラックス(42)。村上とは日テレ系「月曜から夜ふかし」で共演し、気心の知れた間柄なのだ。

「マツコといえば、見ての通り、太り過ぎでヒザはガクガクで、走るのは絶対に無理な話。それでも村上のために『走るわよ』と言うものだから、最後は村上も根負けでした」(事情通)

 もっとも、最後のジャッジはジャニーズ事務所に託されているという。注目の2015年ランナーは3月末にも発表されるが、村上で決定すれば、マツコとのコンビで高視聴率が期待できる。