亀梨和也が未成年スキャンダルを謝罪「山Pと遊んだら危険すぎる」と再び疎遠に

2020年08月20日 05時15分

ジャニーズ事務所

 山下智久(35)と同じく未成年女性と酒席をともにしたKAT‐TUNの亀梨和也(34)が19日、都内で行われた主演映画「事故物件 恐い間取り」(28日公開、中田秀夫監督)で謝罪した。

 17日の処分(厳重注意)発表後、初めて公の場に姿を現すと「本日は、お暑い中、お集まりいただきまして本当にありがとうございます」とあいさつ。続けて「先日の報道により、多くの皆さまにご迷惑、ご心配をおかけしてしまったことを、心よりおわび申し上げます」と頭を下げた。

 亀梨と山下は、2005年のドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)で共演。同ドラマの役名で組んだユニット「修二と彰」の主題歌「青春アミーゴ」がミリオンヒットとなった。

 芸能関係者は「〝野ブタ〟のころ、2人はプライベートでは疎遠でしたが、2017年に再びドラマで共演したことで、一緒に飲む機会が増えたそうです。ただ今回のスキャンダルで、亀梨は『やっぱり山Pと遊んだら危険すぎる』とうんざりしているそう。再び疎遠になるのは間違いありません」

 今年予定していた「亀と山P」の2大ドームツアーはコロナで中止になったが、亀梨にとってはもっけの幸いかもしれない。