モー娘・譜久村聖が画面隠して「太鼓の達人」挑戦 驚異の116コンボも…涙

2022年01月04日 20時15分

譜久村聖(東スポWeb)
譜久村聖(東スポWeb)

 ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’22」のリーダー・譜久村聖(25)が4日放送の特番「再現できたら100万円! THE神業チャレンジ」(TBS系)に出演した。

 グループの中でもゲーマーとして知られる譜久村は番組内企画「画面を見ずに太鼓の達人を完奏しろ!」に挑戦。人気のアーケードゲーム「太鼓の達人」を画面を隠して、フルコンボできるかという企画に挑んだ。

 10年以上同ゲームをやりこんでいる譜久村はLiSAの「紅蓮華」(1分45秒)をチョイス。本番前まで練習を重ね、自信の表情で登場し、1回目のプレーを進めるも、惜しくも失敗。「もうやだ!」「めっちゃ手足震える」と涙をにじませた。

 それでも気を取り直し、笑顔でラストチャレンジに挑む。順調な滑り出しから、100コンボ以上を重ねるも、116コンボを過ぎたところで痛恨のミス。

「めちゃくちゃ緊張しました…」と譜久村は涙を拭き、最後は「足がガクガクしてました。テレビじゃなくてもゲームセンターでフルコンボできるように頑張ります」と再起を誓った。 

関連タグ: