緒方咲 手拭い一枚で隠すシーンに「濡らせばいい感じに貼りついた」

2019年11月02日 18時54分

緒方咲

 168センチ(股下86センチ)の長身で〝摩天楼〟の名をほしいままにするF乳グラドル・緒方咲(25)が2日、都内で7枚目のブルーレイ&DVD「Seventh Heaven」発売記念トーク&握手会を開き、青色の角度がエグいハイレグ姿で登場した。

 撮影は7月にバリ(インドネシア)で行った。「オフ日にタナロットジーンっていうパワースポットに行って、お願い事をした」。どんな願いかは「そこは秘密」と明かさなかった。

 新作では手拭い一枚で胸とアソコを隠した過激なシーンにも挑戦した。「手拭いは恥ずかしくて『どうしたらいいのー』って思った」というが「動いたらペロッとめくれちゃうけど、濡らせばいい感じに貼りついた」とも語った。

 また、ドMな看護師になり切って「患者さんに突かれたり、すごい触られたりした。自分的にM体質で楽しかった」。好みの男性の性癖は「Sでもいいし、Mでも頑張ってSをやろうとする人もかわいい」とのこと。さらに「(プライベートで)アメで(体を)ツンツンとかやってもらってもうれしい!」と言いながらも、言い過ぎたと思ったのか「女の子だったら歓迎です!」と付け足した。