辰巳ゆうと 新曲「雪月花」ヒット祈願で殺陣を披露「幕末が大好き。沖田総司はよりうれしい」

2022年01月13日 16時09分

殺陣を披露した辰巳ゆうと(東スポWeb)
殺陣を披露した辰巳ゆうと(東スポWeb)

 演歌歌手・辰巳ゆうと(24)が13日、東京・新宿区の花園神社で新曲「雪月花」のヒット祈願を行った。

「雪月花」は江戸幕末に活躍した新選組の沖田総司の生き様をモチーフにした楽曲で辰巳は「スケールの大きい迫力ある一曲。一回一回、自分の持っているパワーを使わないと歌えない曲。自分の代表曲にしたい」と語った。

 ヒット祈願を終えた後にはコロナ禍で練習し、昨年のコンサートで披露した殺陣もやってみせた。「もともと幕末が大好き。大阪にいたころは京都に行って新選組ゆかりの地を巡ったりもした。だから沖田総司というのはよりうれしい」と笑みを見せた。

 今月9日に誕生日を迎え年男の辰巳。「寅年というのも僕自身気に入っている。大阪出身ですし、阪神タイガースが大好きなので、今年はタイガースに関わる仕事もしてみたい。甲子園で始球式をやったり『六甲おろし』を歌ったりもしてみたいですね」と目を輝かせた。

 誕生日プレゼントとなるようなものを自分自身には買っていないという辰巳だが、「この『雪月花』がオリコンの演歌チャートで1位。総合ランキングで3位に入ったことが最高の誕生日プレゼントです」と自己最高ランキングを記録したことを喜んだ。

関連タグ: