AKB48グループの4代目歌姫・岡田奈々「ソロデビューさせてくれないかな~」と本音も

2022年01月12日 23時34分

4代目歌姫に輝いた岡田奈々(東スポWeb)
4代目歌姫に輝いた岡田奈々(東スポWeb)

 AKB48グループの歌姫の座を競う「第4回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝大会が12日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われ、AKB48兼STU48の岡田奈々(24)が4代目女王に輝いた。

 終演後、報道陣に囲み取材に応じた。

 優勝のご褒美として、秋元康氏のプロデュースによるオリジナルソロ曲が贈られる。岡田は「『コイントス』というソロ曲は持っているんですけど、カッコいい楽曲。せつな苦しいバラードみたいなのもいいかな」と胸を躍らせた。

 岡田は第1回大会から出場し、すべて予選を突破。過去の順位は3位、5位、3位といま一歩頂点に及ばなかったが、「今まではAKB48を盛り上げたい気持ちで出させていだきましたが、今年は主役になりたい」と覚悟を持って臨んだ。

 心境の変化について「去年、事務所を移籍してAKB48のシングル『根も葉もRumor』のセンターをやらせていただいたのがすごく大きくて。自分が真ん中じゃなくてもグループを支えられたらという気持ちが強かったんですけど、センターに立って事務所を移籍してソロ活動が増えて行く中で、自分1人で成長しなきゃいけない、みんなに頼っちゃいけないと思った。自分個人の成長をみせたかった」と明かした。

 さらに、岡田は「『根も葉もRumor』でいい風が吹いている中で、AKBである自分が1位を取った意味が絶対あると思うので、この結果を胸に自分自身、個人としても活躍していくことで、48グループのプラスになるように、頑張らなきゃ」と意気込んだ。

 今年は幸先のいいスタートを切れたが、「今年は48グループを飛び越えたソロ活動も増える。これをスタートにして、どれだけ羽ばたいていけるか、1人で生きていけるかと思うので、2月に48グループ以外で初の舞台が控えているので、頑張りたい」と宣言。

 AKB48としての目標を問われると、岡田は「『根も葉もRumor』を超える神曲を出すこと。むっちゃハードル高いですけど、それぐらいいい曲がないと、聞いてもらえないと思う。みんなで力を合わせて作りたいです」と力を込め、「紅白歌合戦にも出たいです」と復活を誓った。

 第1回優勝者の元SKE48・野島樺乃、第2回の元AKB48・矢作萌夏が栄冠後に卒業。報道陣から「(卒業は)大丈夫ですか?」と聞かれると、「メンバーに言われました(苦笑い)。『優勝したら羽ばたきたい』とインタビューで言ったら、『優勝したら卒業するんですか?』と。まだ卒業は考えていなくて、この1年試行錯誤しながら頑張ってみて、どうするかというところなので。まだまだ辞めるつもりはない」と語った。

 歌手としてソロデビューを夢に掲げて活動してきた。岡田は「ずっと歌うことが大好きで、ソロデビューしたいといろんなことで言ってきた。今年はデビュー10周年の節目でもある。事務所さん、ソロデビューさせてくれないかな~と思う」と本音をこぼしつつ「そう甘くはない。自分の実力を鍛えていきたい」と目標を掲げた。

関連タグ:

ピックアップ