卒業発表の大場美奈「移籍してSKE48になれて本当に良かったよー!」

2021年10月09日 23時06分

卒業発表した大場美奈(©2021 Zest, Inc. )
卒業発表した大場美奈(©2021 Zest, Inc. )

 アイドルグループ「SKE48」の大場美奈(29)が9日、斉藤真木子(27)、山内鈴蘭(26)と共にラジオ番組「SKE48 1+1+1は3じゃないよ!」(東海ラジオ・毎週土曜午後10時~)に生出演。30歳の誕生日を迎える来年4月にグループから卒業することを発表した。

 大場は最初のCM明けに「みなさんにお伝えしたいことがあります。私、大場美奈はSKE48を卒業します」と報告。「こんなに長い時間、アイドルとして過ごせたのはSKE48に出会えたからだと思っています。頑張り屋さんのメンバー、やさしいスタッフの皆さん、そしていつも一番の味方でいてくれるファンの皆さんのおかげで名古屋という場所が私の人生において大切なホームの一つなりました。SKE48に来た私を受け入れてくれてありがとうございました。こんなに大好きで大切な場所だなと思えるようになったことが幸せだと感じます。だからこそ改めて伝えたいです。移籍してSKE48になれて本当によかったよー!」と時折、声を詰まらせながらファンに思いを伝えた。

 卒業発表を終えた大場は「(手が)震えてたし、込み上げてくるものがこんなにあるとは思わなくてビックリしちゃった」と素直な思いを吐露。「AKBの横山由依ちゃんが12月、(山内)鈴蘭が11月に卒業すると聞いたから、早い段階でAKB48の9期生が卒業すると知ってもらいたかった」と、この時期での発表に至った理由を語った。

 大場と山内は2009年11月に横山由依(28)、島崎遥香(27)らと共にAKB48の第9期生オーディションに合格。2014年2月に行われた大組閣で2人ともSKE48に移籍した。横山は9月にAKB48から卒業することを発表。山内も7日にSKE48を卒業することを発表しており、これでAKB48の9期生は全メンバーが卒業することになった。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ