生稲晃子 中1娘が芸能界入り希望すれば「やらせてみたい」

2018年05月02日 14時40分

左から枝並千花、生稲晃子、佐々木新平

 女優・生稲晃子(50)が2日、都内で「ORCHESTRA POSSIBLE(オーケストラ・ポッシブル)」のお披露目会に出席した。

 生稲は、バイオリニスト・枝並千花が率いる新しいオーケストラプロジェクトの初公演(6月22日)のテーマ“音楽は心のくすり”に賛同し、スペシャルサポーターとして登場。2011年に乳がんを患い、闘病生活を経験しており「入院中に24時間クラシックをかけていました。その時の感情にいつも寄り添ってくれる。闘病中は本当に助けられたことがいっぱいあった」と音楽に感謝した。

 おニャン子クラブでトップアイドルとして活躍していたが、歌手活動再開について聞かれると「突然きましたね! ないと思います。でも、同い年の荻野目ちゃんが再ブレークして頑張っていらっしゃるので、機会があったらやってみたいと思います。ちっちゃく」と笑った。

 中学1年の娘の芸能界入りについては「(娘が)なりたいと言えば『どうぞ』なんですけど。『ママがなれるんだから』と思っていると思うんですけど、いやいや、難しいこともいっぱいあるよと話はしている。やりたいと言ったら、経験の一つになるので、やらせてみたいと思います」と語った。