テレ東下回る大惨敗 フジテレビがダメになった3つ理由

2015年01月10日 08時30分

想像を絶するほど低迷するフジテレビ

 かつて視聴率トップを独走したとは思えないほど低迷しているフジテレビが、年末年始にさらに失速。12月29日~1月4日の週間平均視聴率では、ゴールデン、プライム2部門でテレビ東京を下回る大惨敗を喫した。さらに1月4日は全日も含めた3部門すべてでテレ東に負けるという屈辱的な結果に…。なぜここまでフジは落ちぶれてしまったのか。追跡するとダメになった理由はこんなにあった――。 (視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 フジは昨年12月31日午後9~11時、アニメ映画「ワンピース」シリーズの1作品を放送したが、3・3%。同9時30分~11時30分のテレビ東京「ボクシング3大世界戦」の5・6%など、他局の番組を下回った。

 ある放送作家は「特番を作っても勝てないから映画に逃げた、と言われても仕方ない。大みそかは各局、知恵と体力を最大限に振り絞って特番を作っている。たとえ数字は悪くても何か作ってほしかった」と指摘する。

 元日の午後6~9時には「オールハワイナイトフジ」と題し、ハワイから生中継バラエティーを流したが、4・4%でやはり同時間帯最下位。この番組が今のフジの“ダメダメさ加減”を象徴しているという。

「数字が取れない割にゴールデンの予算は多い。テレ東の3倍くらいでしょうが、その分ムダ遣いが多い。ハワイには制作に直接かかわってないスタッフも大勢連れて行って無理やり特番を作ってる。トップを独走していたころのバブル体質が抜けきらない」(同)

 さらに次なる“ダメポイント”として「パクリの横行」がある。最近はフジに限らず、テレ東の企画をパクる局が多いという。「予算はない分、テレ東は企画で勝負している。他局もそれは認めている」(他局の民放関係者)

 テレ東の看板番組といえば太川陽介(55)と蛭子能収(67)の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が有名だが、この企画すらフジはあっさりとパクっている。「タカトシ&温水が行く小さな旅」がそれだ。

「最初はタカアンドトシと温水洋一が散歩する内容だったのが、テレ東の『ローカル路線バス』が好調になってから『タカトシ温水路線バスの旅』が始まった。いくらなんでも節操がなさすぎる」(同)

 パクリが多い原因として、上司が責任を取らないフジの体質があるという。「後輩や制作会社のミスの責任を一切取らない。上が責任を取らないから、若手や制作会社が大コケを恐れて斬新な企画を出せない。すでにヒットしている企画なら及第点の数字は取れるから、パクリの企画ばかりになる」(制作会社スタッフ)

 最近はこんな弊害もあるとか。「実験的な斬新な企画があると、制作会社はまず日本テレビかテレビ朝日に持っていく。そこでボツになるとフジかTBSに回る。局の勢いの差が出るのも当然ですよ」(同)

 さらには、こんなご時世にもかかわらず「学歴至上主義も根深い」とか。「新人アナウンサー紹介の時に出身大学を言う場合と言わない場合がある。人間性より学歴重視なんですよ。クリエーティブな仕事をする会社とはとても思えないですよね」(前出の放送作家)

 フジといえば数年前、「韓流推し」と批判された。「ネットで叩かれているほど、最近は韓国寄りな気はしない。むしろ嫌韓化している気がするが、BSフジは韓国の旅番組が多い。そっちにシフトしただけかも」(他局関係者)

 悪いことは続くもので、一昨年3月にフジで放送された「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」で、世界遺産のナスカの地上絵にスタッフが近付いたとして、ガイド役の考古学者を告発する方針をペルーのアルバレス文化相が固めたことも明らかになった。立ち入った女性ディレクターも告発される可能性があるという。

 フジはこのまま失速してしまうのか?