ツチノコミイラか 聖地で発見

2014年12月10日 07時30分

これがツチノコのミイラらしきもの(木村昭一氏提供)

 あの幻の生物のミイラか? 滋賀県近江八幡市で10月中旬、ツチノコの死骸らしき骨が発見され、地元で大騒動になっている。ツチノコか、それともナマズか、サンショウウオか。様々な見解が示されており、結論はまだ出ていない。発見者は本紙に「あまり見たことがない骨格だった」と証言。専門家は「ツチノコの聖地での発見だけに興味深い」と話している。

 10月14日、近江八幡市の古民家の床下に潜っていたシロアリ駆除業者の木村昭一氏(64)らが不気味な死骸を発見した。体長は約35センチ、三角形で大きめの頭は普通のヘビではなく、曲がった背骨は魚類のものではない。黒く見えるのはカビのようだ。

 木村氏は「偶然、自分が先に入って良かった。若い社員なら気にも留めず蹴散らしてしまったかもしれない。幸い自分は長年の経験があるので、イタチやヘビなどの骨を床下で何度も見ている。あまり見たことがない骨格だったので、これは貴重な生物かもしれないと思い、ダンボールに乗せてそっと運び出した」と話す。

 骨はしっかりしており、木村氏が持ち上げても崩れなかったという。

 地元では「これぞまさにツチノコではないか」と大騒ぎになっている。

 ツチノコといえば、キング・オブ・UMA(未確認生物)。伝えられている話としては、胴が太く、ヘビのような姿で、尾を口にくわえて輪状になり、コロコロ転がって移動。予備動作なく数メートルもジャンプし、寝る際にはいびきをかく。このようにいろいろな生態が伝えられるほど、日本人に親しまれてきた。

 それというのも、縄文時代の土器にその姿が描かれ、江戸時代の書物には、「野槌蛇」としてツチノコが記されているように、古くから伝承されてきているから。現代でも、日本全国で毎年のように目撃例がある。しかし、捕らえられたことはないので、今回のツチノコらしき死骸が騒ぎになるのも当然だ。しかし、ナマズ、サンショウウオなど否定的な意見も多い。

 オカルトに詳しい作家の山口敏太郎氏は「ナマズ説を唱える人もいるが、床下にナマズがいる理由がよく理解できない。捕食したネコなどの動物が床下にくわえてきたとも解釈できるが、骨格の状態からそういうことではないだろう。また、木村氏も指摘しているようにサンショウウオやナマズとは骨格が違うように見える。これは未知の生物、あるいは非常に珍しい突然変異の生物の可能性がある」と語る。

 発見されたのが滋賀県というのも意味深なのだという。

「滋賀はツチノコの目撃例の多いエリアであり、1950年代には、伊吹山山麓の上野にてツチノコの死骸が発見され、立ち会った産経新聞長浜支局の伊藤支局長によって取材も行われ新聞記事にもなっている。また、1961年の秋、現東近江市の永源寺町で古い炭焼き窯にツチノコが入り込み、捕獲後、名古屋のヘビ業者に販売したが、人間の与える餌を全く食べず数か月後に餓死している。まさにツチノコの聖地での久々の発見である」と山口氏。

 いずれにせよ、大変貴重なサンプルであり、ベストな状態で保管され、詳細な分析が待たれるところだ。