長澤まさみと伊勢谷友介「破局&復縁説」の真相

2014年11月13日 11時00分

女優として活躍の場を広げている長澤だが…

 現在、2人舞台「紫式部ダイアリー」(東京・パルコ劇場など)に出演するなど、女優としての活躍の場を広げている長澤まさみ(27)だが、同時に注目されるのが私生活だ。俳優・伊勢谷友介(38)との破局説と復縁説がメディアをにぎわせている。

 2人の熱愛が発覚したのは昨年3月。2013年春の特番ドラマ「女信長」(フジテレビ系)の撮影をきっかけに親密になり、交際を始めた。その後は同棲していたというが、今年2月には破局報道があった。その後も「復縁した」「やっぱり破局」などと何度も報じられている。いったいどういうことなのか?

「確かに長澤が別れを決断することもあった。だが結局、完全には伊勢谷と離れられないみたい。だから破局報道が出た後にも、ツーショットが様々な場所で目撃されているのです。この微妙かつあいまいな関係が、今も続いていると聞いています」と芸能プロ関係者。

 長澤は11日、宝飾ブランド「フォリフォリ」のPR用ショートムービー「A Day with Masami Nagasawa Directed by Mika Ninagawa」の公開イベントに、映画監督の蜷川実花(42)とともに出席。

 トークショーに臨み「(限定商品が多いので)クリスマスシーズンになるとお財布のひもが緩くなる気がしますね」などと笑顔で語った。

 司会者がクリスマスの過ごし方を聞くと、蜷川氏が「家族で過ごす」と答えたのに対し、長澤には司会者が意図的か、あるいはうっかりか聞き忘れたのか、とにかく長澤の答えは聞けずじまい。12月25日には冒頭の舞台の長野・松本公演があり、イブから長澤は長野入りするとみられるが、隣にいるのは伊勢谷なのだろうか?