イケメン杉野遥亮 会場をざわつかせた深刻な“親子問題”

2019年04月01日 13時00分

商品をPRする(左から)杉野遥亮、賀来賢人、松坂桃李、菅田将輝、間宮祥太朗

 俳優の松坂桃李(30)、菅田将暉(26)、賀来賢人(29)、間宮祥太朗(25)、杉野遥亮(23)が1日、都内で行われた洗濯洗剤「アタック ZERO」新CM発表会(花王主催)に出席した。

 最年少の杉野は、イベントで「ゼロから始めたいもの」を尋ねられ、「親との関係性を見直したい。ありがとう、ごめんなさいと素直に言えずに意地を張ってきたが、元号も変わることだし、新たに関係を築きたい。お父さん、お母さん、いつもありがとう」と突然、深刻な親子問題を打ち明け、会場をざわつかせた。

 また、歌にドラマに引っ張りだこの超売れっ子・菅田は「部屋が物置みたいな感じなので、インテリアに凝ってみたい」とコメント。自らデザインをした洋服を、自ら縫製するという超こだわり派だけに、相当個性的な部屋になりそうだ。

 続けて菅田は「桃李君はいつも同じ靴ばかり履いている。傷んできたら、今時は新しいのを買っちゃうが、桃李君はすり減った底をリペアして、また同じ靴をずっと履く」と、同じ事務所に所属する松坂の物を大切にする性格を明かした。

 当の松坂は「一回買った物は5年以上着たい」と話し、洋服は同製品で洗って大切にするという。愛され系のいじられキャラだけに、賀来からは「桃李君は律儀で、洗濯機で洗っている間、ずっと正座して待っていそうなイメージ」と指摘され、苦笑した。

 そして「個性豊かな面々で若干、圧が強いかなと思ったが、最年長のリーダーとしてうまくまとめられたかな。どうかな」と自信なさげに語った。

 同製品は同社史上最高の洗浄基材「バイオIOS」を主成分にしており、落ちにくい汚れゼロ、生乾きのにおいゼロ、洗剤残りゼロの“ゼロ洗浄”を実現。5人の若手人気俳優を「#洗濯愛してる会」としてPRに起用した。