元TBS記者でジャーナリストの武田一顕氏が2日、MBSテレビ「よんチャンTV」に出演。サッカー日本代表MF伊東純也の性加害疑惑報道についてコメントした。

 伊東は1月31日に「デイリー新潮」で女性に対する性加害を報じられた。現在、日本代表はアジアカップ(カタール)に出場中だが、日本サッカー協会は1日に伊東の離脱を発表。しかし、その発表から約6時間後の1日夜(日本時間2日)になって伊東が離脱するか否かの再検討に入った。

 結局、この日の午後になって正式に離脱することが発表され、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「離脱の案内をした後に再検討するなど、二転三転したことをおわび申し上げたい」と謝罪した。

 この流れについて、MCの河田直也アナが「一アスリートとしてこの状況で、このメンタルで試合には臨めないという判断だったんでしょうか?」と話を振ると、武田氏は「まあできないっていうのと、それは分かりますよね。こんな状況だから。それと、これ次の試合大変ですよね、どうなるのかというのは非常に注目」と言及。

 続けて「それともう一つは、私さっき新潮側に取材したんだけど、『一般論から言うと二の矢、三の矢がある』と言ってますから、次にどういうのが出てくるか。それを考えたら当然のことながら試合には出てられないという判断のほうが正しいんでしょうね」と重大指摘した。

 これを聞いた河田アナは「週刊新潮ということですか?」と確認。武田氏は「週刊新潮」とうなずいていた。