明石家さんまが9日深夜放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。急性心不全のため自宅で死去していたことが分かったタレントの島崎俊郎さん(享年68)を追悼した。

 さんまは「島崎が突然亡くなったということで…」と切り出すと、共演していた「オレたちひょうきん族」(フジ系)でのエピソードを披露。

 島崎さんが扮した「アダモちゃん」のキャラは奇声をあげつつ暴れまわるのが〝お約束〟だったが、その奇声の部分も島崎さんは楽屋で真剣に考えていたという。

 さんまは「『島崎、お前そんな考えんでも自由でええのちゃうのか?』って言っても『いや、こだわりがありまして』とか言うてやってたキャラなんです。で、本番一生懸命考えたやつを言うてるんですけど、何も伝わらず(苦笑)。『島崎、今日何の狙いやったんや?』っていう。それぐらい一生懸命、一生懸命、毎週、毎週やってたのが思い出される。われわれにとってはお笑い生き残り、戦場ですよね。戦いの場で本当に戦友のように暮らしてきた」と笑い話を交え振り返った。

 島崎さんの訃報を知ったのは、ニュースで流れる直前、ラサール石井からの電話だったそうで、渡辺正行からもすぐに連絡が来たという。

「なんか昨日(7日)、ふっと、なんかそういう時って体の力が抜けるような…やる気が起こらなかったんですよ。でまあ、続いてるやんか。去年、今年とお笑い芸人、われわれの世代の仲間たちが次々に病気だなんたらだで亡くなっていくんで。昨日、島やん(島崎さん)のでさすがに〝こたえた〟んですよ」と声のトーンを落とした。

 あまりのショックに、渡辺のところに「元気出えへんわ」とメールしてしまったというが「ナベ(渡辺)は俺を元気づけようしてくれたんですけど『実はマスコミでは68(歳)って書いてますけど、あいつ69なんです』って訳の分からん(笑い)。『1つごまかしてたんです』って」と仰天の返信があったと語った。

 このことはもちろん「真偽は分からない」が、さんまは「でもなんせ俺をちょっとでも笑顔にするために、当時の仲間たちがね。みんな68、69のメンバーやからな。そういうメンバーたちがいまだに何かあるとスッと結束できる、笑いの仲間たちの良さっていうのは、他の業界よりも、『ひょうきん族』という番組はきつい(固い)かな」と感謝した。

これが戦友の証!ドリフに扮する島崎さん、さんま、たけし(1988年)
これが戦友の証!ドリフに扮する島崎さん、さんま、たけし(1988年)

 島崎さんが所属していたお笑いトリオ「ヒップアップ」では、ネタ終わりに「♪それでは、お別れしましょ」と歌を歌うのが恒例だった。さんまは「(訃報を知り)『♪それでは、お別れしましょ』っていうのを、ずっと一人で歌ってましたね。というわけで、ご冥福をお祈りします」と悼んでいた。