アイドルグループ「A.B.C-Z」の河合郁人(36)、塚田僚一(36)、橋本良亮(30)が27日、フジテレビ系「ぽかぽか」に出演。河合のグループ脱退について語った。

 河合は9月、個人でのMC活動により力を入れるため12月21日付でグループを脱退することを発表していた。

 河合は「ファンの皆さんを戸惑わせてしまった」と突然の発表を謝罪した。

 メンバーでの話し合いの際に塚田から「グループにいてもMC活動はできるんじゃないのか」と指摘されたそうだが、河合は「僕はその両立ができないなというのを気づいちゃって」と説明。「一度の人生で、1人で立ち向かったことがなくて。それはチャレンジしたいなと思って」と脱退の決意を語った。

 一方で橋本は、グループメッセージにてメンバーへ脱退の相談を行った河合に不満顔だ。「せめて電話してこいよ。ちょっと嫌でしたね。男じゃねえなって」と漏らすと河合は「仕事場に行くと(メンバーの)5人以外もいるじゃないですか。一人一人電話するのもちょっとアレだなと。出なかった時に1日ずれたりするとギスギスするかなとか。だから、まずはグループメールで」と笑顔で弁明した。