タレントの後藤真希(37)が14日、都内で行われた「モンスターハンターNow リリース記念発表会」に出席した。

「モンスターハンターNow」は人気ゲーム「モンスターハンター」シリーズの最新アプリゲーム。シリーズのファンである後藤のほかモデルの石田ニコル(33)、お笑いコンビ「鬼越トマホーク」の坂井良多(37)と金ちゃん(37)も出席した。

 後藤は今作について「情報が出た時から楽しみで仕方がなかったです。モンスターハンターシリーズは10年以上前から遊んでいるので、どんな仕組みになっているのかワクワクしています」と笑顔。以前、プレーした時間が8000時間を超えていると明かしたことについて聞かれると、「結構前に8000時間は突破していたので、今はもう計算できないですね」と〝モンハン熱〟をアピールした。

 会場では、実寸大に作られたゲームに登場する大剣とハンマーがお披露目された。また後藤、石田、鬼越トマホークの4人は、アプリ内の大型モンスター「ディアブロス」の討伐に挑戦。結果は2連続で時間切れとなるも、後藤は「自分のスキル次第で倒せたり倒せなかったりして、簡単に討伐できない感じが楽しいですね」と魅力を実感していた。

 イベントの終盤には「今までのシリーズでは体験したことのないシステムだったので、いろんな場所でモンスターに会えるのも楽しみですし、自宅に帰った時に、どんなモンスターがいるんだろうというドキドキ感もありますね」と話した。

 またゲームになぞらえて最近立ち向かっていることを聞かれると、「もう少し先にライブがあるので、自分の体力に立ち向かっています。徐々に(体力も)ついてきたとは思うけど、ガタが来るのも早いです」とはにかんだ。