元モーニング娘。の加護亜依(35)には警戒心がなさすぎたのか。

 21日にニュースサイト「Smart FLASH」が、加護と暴力団幹部とみられる男性らとの韓国旅行疑惑が写真付きで報じられた。記事によると、写真に収められた2人の男性のうち一人は、稲川会2次団体の幹部を務める人物だという。小指の一部がないということで、ネット上では話題になった。

 これに加護は同日、自身の「X」(旧ツイッター)を更新し「驚くほど事実と違う」と猛反論。翌22日には自身のユーチューブチャンネルの中で、2人の男性はママ友の知人として紹介されたと説明。「写真、撮りませんか」とお願いされ「いいですよ」と応じただけだという。もっとも「まさかおふた方の内の一人が反社の人だとは認識していなかった。私の軽率な行動が今回の件になってしまい、ファンの皆さまにはご心配をおかけしました」と謝罪した。

 動画での話が事実だとすると、加護は反社会的勢力の人間とは知らずに写真サービスに応じただけだ。その場で反社チェックなどできるはずがなく、気の毒な面はある。

 ただ「加護に警戒心が足りないのは確か」と指摘するのは、ある芸能プロ関係者。

「加護は、基本的に飲み会などに誘われたら、断らない〝フッ軽人間〟で知られる。しかもその場に知らない人がいても、自分の夜の営みまで何でもあけすけに話してしまう。良くも悪くも人が良いんですが、場合によっては今回のように騒動につながってしまうので、もう少し警戒心を持った方がいいかもしれない」

 モー娘時代から何かとお騒がせの加護。騒動は今回で終わりにしたいところだが…。