突発性難聴を発表したフリーアナウンサーの垣花正が、7月31日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」に出演し、月曜コメンテーターでタレントのマツコ・デラックスらにイジられた。

 垣花は「土曜日(29日)に朝起きたら吐き気が止まらなくて、めまいで。一歩歩くたびにウエッてなる感じだった」と告白。マツコは「借金苦?」と吐き気の原因は金銭問題かとイジった。垣花はギャンブルにハマって一時、1000万円近い借金があったことで知られる。垣花は「借金苦の時と同じくらい苦しかった」と頭をかいた。

 月曜コメンテーターでデイトレーダーの若林史江氏は、突発性難聴は「少し神経が細い人がなるんじゃない?」と指摘。マツコは同調して「沖縄に帰ったほうが。東京が合わない」と垣花に故郷の沖縄に帰ったほうがいいと〝進言〟した。

 垣花は「右耳は聴力が相当落ちている。戻るかどうかは1週間が勝負。ステロイドをガンガン飲んで。先生からいただいた、許容範囲のなかで。幸い、体調に問題ない」と強調した。

 それでもマツコは「1週間で治らなかったら(沖縄に)帰るの?」とニヤリ。垣花は「おかしい。(沖縄に)帰そうとしないでください」と切り返す。

 若林氏が「みんなで(沖縄行きの)チケット代をカンパしよう」と畳みかけると、垣花は「やめろ!」とツッコんだ。

 垣花はアシスタントを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」29日放送を欠席。翌30日、自身のX(ツイッター)で「検査の結果『突発性難聴』との診断でした。脳などに問題はなかったので、とりあえず、ひと安心です」などと報告した。

 31日放送の「5時夢」には元気よく出演。翌1日にはXに「今朝もめまいなどなくてひと安心」と報告した。「右耳は一生懸命に復帰しようと頑張っているらしく、大きめの音にグワングワンと金属音のような響きで反応していて、健気に感じます」とし、「がんばれ右耳」と自身を鼓舞した。