タレントの横山由依が、28日放送の「あちこちオードリー」(テレビ東京)に出演し、秋元康氏に救われた言葉を明かした。

 横山は2009年にAKB48に加入し、12年にNMB48を兼任。さらにCMで資格取得のため勉強も同時進行で行っていた。多忙を極め「その時だけ人生で初めて1回倒れました」と明かした。

「ミュージックステーション」(テレビ朝日)を休むことになり「代わりがきくグループだから嫌だったんですけど秋元先生が『人生はマラソンだから今休んでも大丈夫だよ』みたいなことを言ってくれて」と感謝した。

 横山のトークに深く共感したのがMCの若林正恭。若林自身もM―1の翌年の2009年に同じような経験をしたという。下積み時代の苦労話や毎日ネタ番組に出演するため「消費されちゃうんじゃないかなって30歳で思ってるんですよ。でも会社に『ちょっと仕事量多すぎないですか』って言える立場でもなくて」。さらに相談できる先輩もいなかった。

 そんな時、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演することになり、本番前に松本人志から「いや~ホンマに。よその事務所やし他人事やけど、ちょっと出過ぎなんちゃうかな? どうなん?」と声を掛けられたという。

 その言葉を聞いて若林は号泣。「松本さんが仏様みたいな口調で。誰にも言えない何か月を過ごしてるから。仏のひと言のように弾けちゃって泣いちゃった」と明かした。