世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が21日に公式サイトで「異常な過熱報道に対する注意喚起」と題した文書を公開した。「異常ともいえる過熱報道が続いております」とし、「名誉毀損」「人権侵害」「魔女狩り」と訴えた。むしろ、報道機関が旧統一教会と「密接に関わって来た」と〝逆暴露〟を予告した。

 文書で報道に対して、「これらのメディア報道は、日本国憲法第20条で保障された『信教の自由』を無視した魔女狩り的なバッシング行為」と批判。また、報道によって全国の関連施設に殺害予告など誹謗中傷が寄せられていると主張。さらに、メディアが政治家と旧統一教会の関係を「まるで犯罪を犯したかのような取り上げ方を繰り返しております」と不満を示した。

 一方で「(旧統一教会が)『反社会的』で関係を持つことが許されないような団体だったとすれば、各報道機関はその調査能力を総動員して、過去から現在に至るまで当法人および友好団体等に全く関わらないように注意を払ってきた筈です。しかし、これまでそのようなことは一切ありませんでした」と指摘した。

 メディアが旧統一教会のイベントを取材したり、協賛したりなど「多くの報道機関が密接に関わって来たことは疑いようのない事実」と強調。過去のメディアとの関わりを調査中だとし、「調査結果がまとまり次第、全面的に公表させていただく予定です」と、旧統一教会と関係のあったメディア名の公表を予告した。