豪州の超名門女子高で「教育レベル低い」とトイレで仰天抗議

2017年07月26日 08時00分

 オーストラリアのメルボルンにある超名門女子高校で、学校教育のレベルの低さに憤慨した生徒が、トイレの床などにわざと排便して抗議するという珍事が発生した。

 地元のオンラインニュースサイトなどによると「マック・ロバートソン女子高」で、今年初めから生徒がトイレの床や流し台に排便して立ち去ることがたびたび発生した。

 この“実行犯”とみられる生徒が匿名でメディアに対してその理由を明かし、今月17日には理由をつづった文書を学校宛てに送りつけている。生徒は床への排便は思いつきの行動ではなく、学校教育の水準が低いことへの抗議であると主張した。

「生徒の声に耳を傾けていないという点を象徴的にするために最も際どい方法を思いついた。私の行動によって、これまでの対応に対し学校へおきゅうを据えることができる。先生は“クソ同然”。この学校も最悪だから、それを象徴する大便を残してきた」

 この生徒は、学校で勤務する教師は不適任で、改善を訴える生徒の声は届かぬままだと訴え「他の生徒を黙らせることができても、私を黙らすことはできない」と強気の姿勢だ。

 生徒は1人の男子教員の名前を挙げ、同教員が生徒に教科書を読んで質問に回答するように指示しておきながら、自分は持ち込んだイヤホンを使って、くだらないビデオを見ていることも明かした。

 同校のトニ・ミース校長はニュースサイトに宛てた文書で、学校側も今年初めに、ある生徒が不満を持っていることに気づき、生徒の心配を減らすためのサポートもしてきたと説明した。他の生徒によると、同校長は17日に行われた集会で、大便を床にした生徒は名乗り出るよう呼びかけるも、生徒の指摘する教育の質に関する問題については一切触れなかったという。

 この生徒の“声明文”に賛同する生徒も多く、「うちの学校は州で一番の成績を出しているが、それは単に生徒が良いからであって、教師の大半は全くの役立たず。ここの指導メソッドは全然効果なし。この手紙の差出人は、何も間違っていない」など床排便による抗議への支持も高いようだ。