ネイマールが〝パーティー野郎〟に反論 「自己管理なしで12年間トップレベルでやれるわけがない」

2021年10月30日 14時48分

ネイマール(ロイター)
ネイマール(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(29)が、〝パーティー野郎〟のレッテルに反論した。

 世界最高の選手になれる資質がありながら、ネイマールは、ピッチ外で派手に遊びまわるシーンを何度なくキャッチされてきた。ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36=マンチェスター・ユナイテッド)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34=パリSG)といったスーパースターが、ストイックな自己管理を行っていることと比較され、超一流になれない一因とされてきた。

 そんな中、フランスメディア「RMCスポーツ」は、ネイマールがブラジルのユーチューブチャンネル「Fui Clear」で語った、そんな周囲の評価に対する憤りを伝えた。

「ネイマールは自分を大事にしない、ああだ、こうだと言われるのは敬意を欠くことだ。適切な自己管理をしないで12年間もトップレベルでプレーできるわけがない。誰もそのことを考慮していない。実際、24時間体制で理学療法士とトレーナーがついている」

 ただ以前に適度な息抜きをしなければ、ストレスがたまって、かえてピッチ上のパフォーマンスが低下すると語っていたためか、遊びを封印するつもりはない。

「次の日にトレーニングがないとわかっているときには、出かけることもある」とネイマール。その程度ならば問題ないというわけだが、自身の圧倒的なプレーで主張の正しさを証明することができるか。

関連タグ:

ピックアップ