東京五輪出場組を倒して「日本選手層の厚み」を世界に知らしめます!!

2020年11月04日 16時00分

全日本トラックに向けて練習する長迫吉拓の後ろ姿(撮影=深谷知広)

【深谷知広の競rin世界挑戦】今回の「深谷知広の競rin世界挑戦」は、5~8日に前橋競輪場で行われる「第89回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース」の意義について、それぞれの立場や思いが解説されている。

 みなさんこんにちは、全日本選手権直前の深谷知広です。

 コロナ禍の世の中になり、環境が一変してしまってから初めての大会となる全日本選手権が行われます。この大会は2020東京五輪が延期となり、来年までの中で行える数少ない大会となる重要なものとなります。

 五輪出場組は全員を代表して出場する選手なので絶対に負けられない、その選考から外れた我々はそれを見返すために絶対に負けられない、次世代の選手たちは次のパリ五輪に向けて戦うメンバーとして名乗りを上げるために絶対に負けられない――。

 そんな各ポジションの思いがぶつかる大会になります。

 この全日本選手権は文字通り日本一の選手を決める大会です。来年の東京五輪出場が内定している選手も参加しますが、私が考えているのはそんな選手たちの優勝を阻止し「東京五輪にナショナルチャンピオンが誰もいない」という状況をつくることで、それだけ日本の選手層は厚いんだと、パリ五輪を目指す世界中の選手たちに知らしめることです。

 とにかく全力で楽しみながら頑張ります!

※スプリント、ケイリン、チームスプリントに出場予定

 ☆ふかや・ともひろ 1990年1月3日生まれ、愛知県出身。169・8センチ、79キロ。桜丘高卒業。競輪のトップ選手で自転車競技の日本代表。