日向坂46“聖地ライブ”で9月からの全国アリーナツアーを発表 欅坂46楽曲も披露

2022年07月24日 00時00分

左から上村ひなの、佐々木久美、河田陽菜、小坂菜緒(撮影・上山陽介)
左から上村ひなの、佐々木久美、河田陽菜、小坂菜緒(撮影・上山陽介)

 人気アイドルグループ「日向坂46」が23日、山梨県の富士急ハイランド・コニファーフォレストで「W-KEYAKI FES.2022」日向坂46公演を開催した。

 昨年同会場で初開催された「W-KEYAKI FES.」は、1本の欅から生まれ、それぞれ自分たちの坂を駆け上がってきた櫻坂46と日向坂46が、かつて「欅共和国」を行ってきた“聖地”ともいうべき富士急ハイランド・コニファーフォレストに集結するという合同野外ライブ。

 当初、21から24日の4日間にわたり、初日と3日目を日向坂46、2日目と4日目を櫻坂46が単独ライブを行う予定だったが、櫻坂46メンバーの新型コロナ感染で櫻坂の公演が中止に。21日の初日を経て、日向坂46が今年の「W-KEYAKI FES.」を締めくくることとなった。

 加藤史帆の「皆さん、今日はなんの日だと思いますか?」を合図に、この日21歳の誕生日を迎えた河田陽菜をサプライズでお祝い。バースデーケーキを前にした河田は「今年の目標は携帯を見るときに、眉間にしわを寄せないこと。いつも言われているので、気をつけたいと思います」と会場の笑いを誘った。

 中盤では、キャプテンの佐々木久美が「この『W-KEYAKI FES.』でしかできない、『W-KEYAKI FES.』だからこそできる、私たちの大好きで偉大な先輩方の曲を披露させていただきたいと思います」と語り、欅坂46の楽曲「語るなら未来を…」を披露。曲が始まると、会場は欅坂46のイメージカラーである緑色のペンライトで染まった。

 アンコールでは、齊藤京子が「『欅共和国』から私たちは参加させてもらったなと思うと、本当に感慨深いですし、こうやって毎年やらせていただけてうれしいです。来年は櫻坂さんと影山優佳も、全員で出れたらな」と話せば、小坂菜緒は「私は去年の『けやフェス』に参加できていなかったので、今年が初めての参加なんですけど、こんなに皆さんがタオルを掲げてくれたりペンライトを振ってくれて、野外のライブって素晴らしいなと心の底から思いました」とコメント。髙橋未来虹「今年は私自身、去年よりも全部出し切れたんじゃないかな。来年もまたここでライブしたいなと思いました」と意気込んだ。

 さらに、9月から全国アリーナツアー開催も報告。9月10、11日の愛知(AICHI SKY EXPO)、同17、18日の兵庫(神戸ワールド記念ホール)、10月17、18日の神奈川(ぴあアリーナMM)、同12、13日の東京(国立代々木競技場第一体育館)と、全国4都市8公演で行われる。

 佐々木は「こうやって毎年たくさんライブをやらせていただいて、皆さんと思い出を作る時間があって、本当に私たちは幸せ者だなとつくづく思います。ツアーも一生懸命準備して、最高に楽しい時間にしたいなと思いますので、皆さんぜひ遊びに来てください」と呼びかけた。

【関連記事】

関連タグ: