乃木坂・渡辺みり愛 新成人の誓いは“白石イズム”継承

2020年01月09日 17時18分

左から大園桃子、山下美月、渡辺みり愛、向井葉月

 人気アイドルグループ「乃木坂46」新成人メンバーの山下美月(20)、大園桃子(20)、向井葉月(20)、渡辺みり愛(20)が9日、東京・乃木神社で恒例の成人式を行った。

 4人は艶やかな晴れ着姿で登場。多くのファンが見守る中、真剣な表情で参拝した。

 参拝後、報道陣の囲み取材に応じ、“絶対的エース”で1期生の白石麻衣(27)が3月25日発売の25枚目シングル(タイトル未定)の活動をもっての卒業を発表したことを受け、それぞれ心境を明かした。

 報道陣から白石の卒業について聞かれると、白石と仲のいい3期生の大園は「寂しいです。泣いちゃう…」と涙を浮かべながら「加入して迷惑と心配しかかけていないので、卒業されるまでに少しでも強くなったと思ってもらえるように頑張りたい」と決意表明。同じ3期生の山下は「寂しい気持ちはありますが、卒業されるまで白石さんの背中を見て、いろんなことを吸収したいし、残りの時間を大切に過ごしたい」と前を向いた。

 2期生の渡辺は「落ち込んでいる子がいると、人見知りなのに『おお~どうした?』って声を掛けてくださる。本当に優しい人」と感謝し「白石さんはいろんなことを率先して残してくれた。しっかりと受け継いでいけるか正直不安なところもあるけれど、7年間後ろから見てきて、後輩に伝えられることはあるのかなと思う」と“白石イズム”の継承を約束した。

 3期生の向井は「去年の11月に3、4期生でライブをやって白石さんのユニット曲『でこぴん』を歌わせてもらった。その映像を白石さんに送ったら『これからも歌ってね』と笑顔でと言ってくださって…」と明かし、こちらも涙を見せた。

 また、報道陣から毎年恒例の質問である「自分たちは〇〇世代ですか?」と振られると、山下は「絶対、その質問を聞かれると思ってました」と4人で話し合ったことを告白。「『おめでたい世代』です」と命名すると、山下は「今年は2020年で東京オリンピックもありますし、令和になってから初めての成人式でもある。たくさんの『おめでたい』が集まったので、おめでたいメンバーだなと決めました」と理由を明かした。