乃木坂46山下美月が23枚目シングルの活動「お休み」 ドラマ撮影との両立困難

2019年04月13日 14時18分

山下美月

 アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月(19)が13日、自身のブログを更新し、5月29日発売予定の23枚目のシングル(タイトル未定)に伴う活動に参加しないことを発表した。

 山下は3月30日に行われた「東京ガールズコレクション」を体調不良のため欠席しており「申し訳ございませんでした。楽しみに待っていてくださった方々に心よりお詫び申し上げます」と謝罪。現在、テレビ東京系ドラマ「電影少女―VIDEO GIRL MAI 2019―」に主演しており「ドラマ撮影と体調不良が重なってしまい、思うように乃木坂46としての活動ができていない現状をとても悔しく思います」とつづった。

 先日、23枚目のシングルが5月29日に発売されることが発表されたが「ドラマ撮影が進んでいく中で、選抜発表、ジャケット撮影、MV撮影、レコーディングなどの制作活動と両立することが難しい状況が続いており、スタッフさんと話し合った結果、23枚目シングルの活動をお休みさせていただくことになりました」と説明した。

 山下は、AKB48グループと「坂道グループ」の合同ユニット「坂道AKB」の第3弾「初恋ドア」(3月13日発売)でセンターに抜てきされるなど、乃木坂46の次世代エースの一人として期待も大きい。本人もそうした状況を理解しており「一番頑張らないといけないタイミングだったのに、皆様の期待に応えられず本当に申し訳なく思います」と改めて謝罪した。

 一方で「23枚目シングル以外の乃木坂46としての活動はスタッフさんと相談しながら少しずつ参加していければと思っているので、その時には、皆様に元気な顔をお見せしたいです」と前向きな言葉も記している。