「ザ・バンド」を育て上げた人気ロカビリー歌手 ロニー・ホーキンスさん死去 87歳

2022年05月30日 20時40分

カナダの大物ミュージシャンだった(東スポWeb)
カナダの大物ミュージシャンだった(東スポWeb)

 1950年代のロカビリー界で人気を集め、ザ・バンドを超一流ミュージシャンに育て上げたロニー・ホーキンスさんが29日(日本時間30日)に亡くなった。87歳だった。妻のワンダさんが公表して、カナダCBCが報じた。死因などは明らかにされていない。

 ロニーさんは35年米アーカンソー州出身。57年にテネシー州メンフィスでデビュー。エルヴィス・プレスリーらとロカビリー全盛期を盛り上げた。その後、59年にカナダのオンタリオに移住。後に「ザ・バンド」となり世界的ロックバンドとなる「ザ・ホークス」(当時のメンバーはロビー・ロバートソン、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソン、リック・ダンコ)をバックバンドにつけて活躍した。

 ザ・ホークスは64年にロニーさんから独立。地道な活動の後、ボブ・ディランのバックバンドとして大抜擢を受けた後、再び独立してザ・バンドと改名してデビューへ向かう。ロニーさんはその助言者となった。

 ザ・バンドのフロントマンで、ギタリストのロビー・ロバートソンは自身のツイッターで「ザ・ホーク(ロニーさん)が夕陽の中に飛び去ったと聞いて、心から落ち込んでいる。ザ・バンドの物語はロニー・ホーキンスと共に始まった。彼は僕らの助言者だった。彼はツアーのルールを教えてくれた」とつづって哀悼の意を表している。

 ザ・バンドはロニーさんのバックバンドとして地力をつけ、その後にバックバンドとしてディランのツアーや「ベースメント・テープス」などの名作を残した後に、バンドとして独立。68年に名作「ミュージック・フロム・ビック・ピンク」でデビューした。すべてはロニーさんという存在がなければ始まらなかったわけだ。
 
 ロビーはロニーさんについて「すべてを起こすことになった人物。ゴッドファーザーだ。彼は、僕たちに夜中まで絶えずリハーサルをさせた。僕たちは嫌々ながら、どんどん良くなっていった。ザ・ホークスが独立した後、僕たちはボブ・ディランと合流した。次はザ・ホークスがザ・バンドになって、あとはみんなが知る歴史になった。すべてはロニー・ホーキンスから始まった。彼は永遠に僕たちの心の中に生き続けるだろう。彼のご家族に深く哀悼の意を表します。彼の魂に祝福を」と、自身たちが歩んできた「ロックの歴史」を踏まえつつ、心から感謝の意を表している。

 

関連タグ: