へずまりゅうがホームレス生活中断 知人配信者がコロナ陽性でPCR検査

2022年01月13日 19時59分

へずまりゅう(右)とコロナ感染がわかった野田草履(東スポWeb)
へずまりゅう(右)とコロナ感染がわかった野田草履(東スポWeb)

 新型コロナの変異種オミクロン株が猛威を振るう中、元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅう(30)が13日、東京・渋谷でのホームレス生活を中断した。有名配信者の野田草履が新型コロナ陽性を公表し、接触があったへずまもPCR検査の結果待ちとなった。

 今年に入って、渋谷の路上でホームレス生活を送っているへずまは8日に新宿で行われた配信者による格闘技大会「ギガフェス」に出場し、7秒でKO負けした揚げ句、救急搬送されていた。大会後、出場していた選手のセコンドから2人のコロナ陽性が判明。さらにリングに立っていた野田や別の選手1人も13日、陽性を報告していた。

 4人の感染経路は不明で、大会との因果関係は分かっていない。同大会で出場選手は試合前の抗原検査が義務付けられ、観客もアルコール消毒、検温が必須で、マスクの着用が呼びかけられていた。また試合ごとにリングやロープをアルコール消毒するなど、感染対策を行っていた。

 へずまも試合当日に抗原検査を行い、陰性だったというが、野田とは控室で近い距離にいて、談笑していたこともあって、この日、PCR検査を受けた。結果は明日判明するというが、「野田草履が陽性でびびりました。ホームレスは中断します。体調も悪くないし、熱も出ていません」と話した。

 へずまは一昨年、新型コロナに感染した状態で全国を飛び回り、7人に感染させた疑いがあり、批判が殺到した。「もう迷惑行為はしない」と宣言しているだけに身近でコロナ陽性者が出たことで、苦い過去がよみがえり、ナーバスになっているようだ。

関連タグ: