シバターが久保優太戦について語る「今回の事は『作戦』、八百長とは仕組みが違う」

2022年01月10日 14時32分

シバター(東スポWeb)
シバター(東スポWeb)

 人気ユーチューバーのシバター(36)が世間を巻き込み大論争となっている久保優太戦について改めて語った。

 シバターは10日にタイトル「今回の件について真面目に話します」で動画を配信。シバターには世間から賛否両論巻き起こっているが、冒頭から「今回の件ってそんなに簡単な話じゃないと思う」と前置きして切り出した。

 まずは「僕が久保さんにやったことってどれほど悪なのか? それともセーフなのか?」という点。駆け引きはどこまでOKなのかということを「記者会見は?」「SNSは?」「メールは?」といろんな例を挙げて、シバターなりの意見をあげて「どこまでがセーフでどこからがアウトなのか? RIZINは線引きをしなきゃいけないのか? それはめちゃめちゃ難しいと思う」とする。

 これに付随して「八百長」という言葉についても語る。「八百長と言う言葉がみんな好きすぎる。八百長というのは勝敗が決められていて、そこにばくちなどのお金が絡んでいて、それを操作すること。今回の事はすごく良く言えば『作戦』。八百長という言葉を使えば耳障りがいいから。今回は仕組みが違うから。よりダーティーで根深く感じるからね」とシバター。

 最後には「格闘技の見方」について。「(ファンは)裏を知りたがり過ぎるな」と苦言。「もっと純粋にリングの上で行われたことを楽しめばいいと思う。肩の力を抜いて。オリンピックじゃないんだからMMAは。ショースポーツ。リングの上で行われているエンターテイメントなんだから楽しめばいいと思う」と提案した。

関連タグ: