NHK大阪拠点放送局 河瀬直美監督に密着の「五輪ドキュメンタリー」で謝罪…捏造は否定

2022年01月09日 20時00分

河瀬直美監督(東スポWeb)
河瀬直美監督(東スポWeb)

 NHK大阪拠点放送局は9日、昨年12月26日に放送(30日に再放送)されたNHK BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」を巡る問題について会見を開き、謝罪した。

 同番組は、来年6月公開予定の東京五輪公式記録映画で監督を務める河瀬監督や映画製作チームに密着したドキュメンタリーで、大阪拠点放送局が制作した。

 番組では、同映画で街の取材を行っていた映画監督の島田角栄氏に同行。東京五輪のデモに参加したという男性へインタビューする場面で、男性が「実はお金をもらって動員されていると打ち明けた」とのテロップが入ったことから放送終了後、五輪賛成派、反対派の双方から「印象操作だ」などと異論が噴出。騒動となっていた。

 視聴者からも「この男性はデモに参加したのか」などと電話が寄せられため、同局は年が明けてから男性と接触して再確認。堀岡淳局長代行は「男性は取材時『これまで複数のデモに参加して現金を受け取ったことがあり、五輪反対のデモにも参加して、お金を受け取る意向がある』と話していた。(再調査で)『五輪デモに参加はしていない』と言っているが、実際に出ていなかったかどうかは我々としては確認できていない。男性の記憶もあいまいだった」と話し、取材担当ディレクターのコミュニケーション不足、思い込みがあったとして「事実の捏造、ヤラセといったことではない。担当者の確認が不十分。(男性がデモに)参加したと思い込んで、字幕の一部に入れ込んだ」と説明した。

 五輪開催の賛否に対する意図があったのかについては「河瀬監督、島田監督に密着したドキュメンタリーがベース。五輪の賛否を問う番組ではない。河瀬監督がどう描かれるかに力点を置いた」と語った。

 その上で、番組の取材・制作は全てNHKの責任で行っており、公式記録映画とは内容が異なるとして、河瀬監督や島田監督ら関係者、視聴者に謝罪した。

関連タグ: