神田沙也加さん「暴言音声」流出で制御不能 松田聖子は〝蚊帳の外〟

2022年01月10日 05時15分

天国で何を想うか…(東スポWeb)
天国で何を想うか…(東スポWeb)

 制御不能だ。昨年12月18日に急死した女優・神田沙也加さん(享年35)に関する衝撃の報道が飛び出した。

 6日発売の「週刊文春」が恋人の俳優・前山剛久(30)との口論現場を詳細に報道。12月中旬、前山が沙也加さんに無断で契約した別のマンションを巡り2人がヒートアップ。前山の口からは「死ね」という禁断ワードも飛び出した。

 決して前山の本心ではないものの、ネット上では批判が殺到。前山は5日、所属事務所を通じて「治療に専念するため、当面は活動を休止させていただくことを併せてご報告申し上げます」と発表した。

 一連の騒動で気になるのは、生々しい〝暴言音声〟が表に出てしまったこと。そしてこれらが母で歌手の松田聖子(59)の及ばぬところで起きていたことだ。ワイドショー関係者の話。

「聖子さんは沙也加さんが前山さんと交際していることは、知らなかったそうです。当然、暴言音声の存在は知る由もない。沙也加さんの〝苦悩〟を報道で知り、大きなショックを受けているそうです」

 沙也加さんと聖子の親子関係は特殊で「母子であり、友人であり、同じ芸能界で競うライバルでもあった」とは2人を知る音楽関係者。ここ数年は親子の交流はほとんどなかったという。

「一連の文春報道で聖子さんが介在した形跡はありません。ある意味、蚊帳の外。親として『これ以上の報道はやめてほしい』と言う権利はありますが、権限がないんです」(テレビ関係者)

 沙也加さんが荼毘に付された先月21日、彼女の所属事務所は「神田を守れなかったという責任を真摯に受け止めております」という声明を発表した。沙也加さんが〝追い込まれていた〟ことを暗に示唆する内容で、事務所コメントとしては異例だ。

 沙也加さん亡きあとも繰り広げられる暴露合戦に終わりはあるのか――。

◆いのちの電話
【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル 0570(783)556
午前10時~午後10時
フリーダイヤル 0120(783)556
毎日午後4時~同9時
毎月10日:午前8時~翌日午前8時

関連タグ: