れいわ新選組の山本太郎代表 衆院3議席獲得で「NHKもスタジオに呼ばざるを得なくなる」

2021年11月01日 10時39分

山本太郎氏(東スポWeb)
山本太郎氏(東スポWeb)

 10月31日投開票された衆院選で、自身も含めて3議席を獲得したれいわ新選組の山本太郎代表(46)が1日、NHKへの〝出演権〟獲得にガッツポーズだ。
 
 山本氏は衆院選の結果を受け、「大きな成果を得ることができた。衆・参合わせて5議席。『得票率2%』と『国会議員5人』どちらかを満たせば政党要件を有することになるが、今回で2つともクリア。これで名実ともに国政史上初、市民のボランティアに支えられた『一人前の政党』となった」とコメントした。

 山本氏は衆院選で目標議席を3議席と挙げたのは、NHKが定めた独自の出演ルールがある。得票2%要件か政党要件のどちらかを満たしていれば、『日曜討論』などの番組に出演できていたが、2年前の参院選で、れいわやNHKから国民を守る党(現NHK党)が誕生し、ルールを改正。国会議員5人以上を満たさない場合はスタジオに呼ばれず、VTR出演に限定されていたからだ。

 山本氏は「れいわ新選組など少数政党を排除し、公共放送としての責務を果たしていなかったNHKも日曜討論のスタジオに呼ばざるを得なくなる。来年の参院選ではさらに前進し、衆参で国会議員10人以上を目指したい」と新たな目標を掲げた。

関連タグ:

ピックアップ