眞子さま〝一時金辞退〟に小室さん母が「待った」!? 物価高いNY生活危惧

2021年09月05日 05時15分

見つめ合う小室さんと眞子さま

 急展開を迎えた秋篠宮眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚問題で新たな心配事が浮上している。

 2人は一般の結納に当たる「納采の儀」を行わず、眞子さまは皇籍を離脱し入籍。小室さんのいる米国に向かうという。その際に支払われる一時金については辞退する意向を示している。

 しかし、ことはそう単純ではない。昭和22年に制定された皇室経済法第六条を意訳すると、一時金は「元皇族としてと恥ずかしくない生活を保っていただくために資金を提供する」もので、その金額は約「1億3700万円」になる。法で定められており、これを覆すには総理大臣を議長とした議員8人による「皇室経済会議」を経なければならない。

「前代未聞ですので、どうなるかわかりません。世間の空気と眞子さまの意向を汲んで、一時金辞退を容認するという人もいれば、これを認めてしまうと、今後、女性皇族が次々と離脱しかねないと主張する人もいる。難しい判断を迫られます」(皇室ライター)

 一時金を辞退できなかった場合、眞子さまは〝次の一手〟として、慈善団体などに全額寄付する考えを持っているという。

 他方で気になるのは小室家も一時金辞退に納得しているのか、だ。

 関係者によると「小室さんも結婚するには一時金辞退は避けられないという認識のようです。懸念されるのは佳代さんです。一時金辞退が否決され、全額寄付というカタチになった場合、『待った』をかけそうな雲行きなのです」という。

 一時金辞退が認められれば、それは「支給しない」ということになり、お金の出入りはない。問題は寄付となった場合で、一旦は眞子さま、ひいては小室家に入金される可能性がある。

 佳代さんは元婚約者男性との間に金銭トラブルを抱えており、その金額は400万円にのぼる。加えて、6月には勤め先の洋菓子店でアキレス腱断裂の重傷を負ったと主張し、現在、労災認定をめぐり店側と話し合っている。

「アキレス腱断裂の真偽は置いといて、金銭的に苦しいことは間違いない。1億円以上のお金はノドから手が出るほど欲しいに決まっている」(ワイドショー関係者)

 一部女性誌では、かねて一時金で借金をチャラにする危険があると報じられてきたが…。

「さすがにそれをやったら大変なことになるとわかっているでしょう。それよりも小室さんの勤務先がある米・ニューヨークの物価の高さを心配しているそうです。普通のランチで2000~3000円がザラな世界ですからね。息子の仕事が軌道に乗るまでの〝軍資金〟として、いくらかあった方が良いと考えるのは、心配する母の立場からすればありえるでしょう」(前出皇室ライター)

 最後の最後までおカネの問題が付きまといそうだ。

関連タグ: