バッハ会長の「大事なのは中国人」失言に東国原英夫「本音・本性が出た。本当に腹立つ」

2021年07月13日 17時09分

東国原英夫
東国原英夫

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(63)が13日、ツイッターでIOCのトーマス・バッハ会長(67)への怒りをあらわにした。

 この日、バッハ会長は東京・晴海の東京五輪・パラリンピック組織委員会の事務所を表敬訪問し、橋本聖子会長(56)らと面会した。その席上、バッハ会長は「最も大事なのはチャイニーズピープル」と発言し、すぐさま「ジャパニーズピープル」と言い直した。

 ツイッター上では「#痛恨の言い間違い」がトレンド入りした。

 東国原は「つい本音・本性が出たな。日本より中国の方が重要・お得意さんと思っているのだろう。本当に腹立つ。『さっさとスイスに帰りやがれ』である」と批判。IOCやバッハ会長への風当たりが強い中で、とんだ失言となったようだ。

関連タグ:

ピックアップ