難病を抱えるルワンダの男の子を救え!DJ KOOがクラウドファンディング参加呼びかけ

2021年05月31日 17時14分

「Bon For Africa」でアフリカを訪れたDJ KOO

 TRFのDJ KOOが難病を抱えるルワンダの生後半年の男の子の命を救うために立ち上がった。

 日本とアフリカの国際交流を目的とした「Bon For Africa」(アフリカ盆踊り)プロジェクトを通して知り合ったルワンダの現地スタッフ・イディさんの息子・ガンザ君(6か月)が難病「胆道閉鎖症」を患い、その手術費用調達のためにクラウドファンディングを立ち上げたことを知り、少しでも支援の輪を広げようとDJ KOOが自身のSNSでファンに向けて参加を呼び掛けた。

「Bon For Africa」は2019年に日本の伝統文化である盆踊りの普及、盆踊りを通じた国際交流を目的としたプロジェクトとして立ち上がり、踊りの楽曲には美空ひばりさんの「川の流れのように」が使用された。

 DJ KOOはその楽曲のアレンジを担当し、その後、実際にアフリカ7か国を訪れ、現地の人々と触れ合い異文化交流を行った。「Bon For Africa」に関わるイベントや広告収益の一部はアフリカのエイズ孤児を支えるNGO団体に寄付されている。

 DJ KOOがイディさんと出会ったのは、ルワンダで実施した19年の「Bon For Africa」。その後、イディさんの生後半年の息子・ガンザ君が1万人に一人の難病「胆道閉鎖症」と診断され、命を救うには外国での肝臓移植手術しか方法がなく、その資金を調達するためルワンダ青年海外協力隊の出身者が中心となって、「ガンザ君基金実行委員会」が5月14日に立ち上がった。
 
 そのことを伝え聞いたDJ KOOは、なんとか自身もできることをしたいと思い、31日に自身のSNSで「アフリカ盆踊りでお世話になったスタッフのお子さんガンザ君の命を救うための医療支援にご協力宜しくお願い致します。」とファンへ呼びかけた。ガンザ君の手術は高度な手術・外国での治療・渡航費・保険適用外のため、2000万円を超える費用が必要である。クラウドファンディング締め切りの6月4日までに十分な資金が集まるのか、関係者の間では緊張が走っている。
 
 日本の国民的歌手・美空ひばりさんの名曲「川の流れのように」がつなぐ命。アフリカとの文化交流がきっかけとなったDJ KOOの支援で、今回のクラウドファンディングが成功するかに注目が集まる。

関連タグ: