【東京五輪】観客にコロナ陰性証明求める?麻木久仁子「必死で耐えたこの1年はなんだったの?」

2021年05月31日 15時57分

麻木久仁子

 疑問の声が殺到している。31日、東京五輪・パラリンピックの観客に新型コロナウイルスの「陰性証明」を求めることを政府が検討しているという報道があり、「陰性証明」がトレンドワードになった。

 もっとも評判は悪い。感染症内科医の岩田健太郎神戸大教授はツイッターで「まさか、国レベルで我々専門家が全否定する『陰性証明』が採用されるとは、、、、」とあきれ果てていた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表もツイッターで「これまでさんざん偽陰性や偽陽性があるとか、検査直後に感染すれば意味がないとか、マイナス点をあげつらってきたのに、全部忘れたかのように活用する姿勢が姑息」と批判。別のツイートでも「これまで言ってきたことと矛盾することを五輪だからといって適用し、その矛盾に目をつむるのはご都合主義です」と強調した。

 タレントの麻木久仁子も「PCR検査陰性なら五輪出来ると言い出した。じゃあなぜ国民にはやらないの? そしたらみんな営業できるのに。みんな必死で耐えたこの1年はなんだったの?」とツイート。五輪だけが特別扱いされていることに疑問を呈した。

 批判だらけだが、本当に採用されるのだろうか。

関連タグ: