日本の医師による「東京五輪株」危惧発言が海外で大波紋

2021年05月28日 16時35分

全国医師ユニオン代表の植山直人氏(ロイター)

 全国医師ユニオン代表で医師の植山直人氏による「東京五輪株」発生への懸念が、海外で大きな波紋を呼んでいる。

 植山医師は27日に日本外国特派員協会(FCCJ)で会見し「全く新しい変異株ができる可能性も否定できない。〝東京五輪株〟と呼ばれて、この先100年にわたって(東京五輪は)人類の大きな愚行であったと非難されることになる」と強い警鐘を鳴らした。

 開催国の医師が発した悲痛な叫びを欧米メディアが一斉に報道。海外で大きな波紋が広がっている。

 英紙「サン」は「何千もの病院が崩壊し、致命的な恐怖の東京五輪コロナウイルス変異種が大会で発生する可能性がある」と大々的に報道。米紙「カリフォルニアニュースタイムズ」も「植山医師は、五輪の潜在的な危険性について国際社会に警告し、五輪に対する世論の喚起を呼びかけた」と指摘した。

 これまで日本国内では東京五輪の中止を求める声が高まっているが、海外では関心が薄いとみられてきた。しかし東京五輪発の〝最恐ウイルス〟の発生が専門家から不安視される状況が各国で報じられることで、海外でも中止を求める声が急速に高まりを見せている。

 国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会はいつまで国民の生命軽視を貫くのだろうか。

関連タグ: