13か月で155回…吉村洋文知事を太田房江元知事が猛批判「テレビ出すぎや!」

2021年05月12日 13時20分

左から太田氏、吉村氏
左から太田氏、吉村氏

 元大阪府知事で参院議員の太田房江氏(69)が、重症者数急増で医療体制がひっ迫している大阪府の吉村知事を「テレビに出すぎ」と鋭く非難した。

 12日にユーチューブ「ふーちゃんネル」を更新した太田氏は大阪の人流抑制、病床確保、ワクチン接種の加速などを訴えたうえで、営業時間短縮などの協力金の支払いが遅れていることを指摘し「1月どころか、去年のがまだ来ない。25%しか行ってないという話なんです。ひどいんです。審査する人が少ない。どこに人を割くかが大事。早く審査してお金をあげて」と訴えた。

 遅延の原因の一端として吉村知事のテレビ出演の多さを上げ「知事さんね。正直、テレビに出ている暇があったら協力金の審査態勢を増強してください。私ね、調べさせていただきました。会見を除くと、この13か月の間にワイドショーに出演した回数がなんと155回でした。これを12で割ると1週間に約3回は出てます」とバッサリ。「テレビの呼び掛けも重要かもしれませんが、バランスをとって人を配置してほしい」と力説した。

関連タグ: