朝倉未来も太鼓判!ゆたぼん格闘技デビュー 父・幸也氏「興味ある」

2021年05月05日 05時15分

格闘家としても才能あふれるゆたぼん

 不登校宣言で話題となっている〝少年革命家〟で、ユーチューバーのゆたぼん(12)が格闘家に転身する可能性が出てきた。

 中学校への不登校宣言を巡って、ネット上ですっかり〝時の人〟となっているゆたぼん。「学校へ行くべきか」「親の責任だ」と賛成派と否定派が連日、激論を交わしているが、当の本人は「ユーチューバーとして有名になりたい」の一心で、大人たちの騒動を楽しんでいるともいえる。

 そんなゆたぼんには、格闘技界も熱視線を送っている。ゆたぼんはユーチューブ上で格闘家と交流を続けており、その才能に太鼓判を押されているのだ。

 ゆたぼんは19年12月に総合格闘家・朝倉未来のジムに「強くしてください」と訪ねた。「俺と同じにおいがする」と朝倉はゆたぼんを迎え入れ、トレーニングを開始。ゆたぼんの飲み込みの速さに朝倉は「賢い。学習能力が凄い。身体能力高い」と絶賛した。

 昨年には元K―1ファイターで、キックボクサーのHIROYA、弟で元K―1王者・大雅には、「道場破り」でジムに乗り込んだ。

 ゆたぼんは、同体格で1学年下の経験者と対戦し、判定負けこそしたが、果敢に攻め込んだかと思えば、ノーガードで相手を挑発するなど、負けん気の強さを見せた。これにはHIROYAと大雅も「すぐ強くなる」と舌を巻いたものだった。

 ゆたぼんの父親・中村幸也氏によれば、ゆたぼんは3歳の時に極真空手を習っていたというが、小学生時代は特段、格闘技のトレーニングは積んでいないという。まだ体が小さいのがハンディだが、中村氏は「格闘技に興味を持っているのは間違いない。(本格挑戦は)あるかもしれない」と話す。

 ゆたぼんの後ろ髪を伸ばしたスタイルと勝ち気な性格には、元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎氏に姿を重ねる人も多い。今後、本気でトレーニングに励めば、格闘技の世界でも〝革命〟を起こす時が来るかもしれない。

関連タグ: