前澤友作氏が国政政党の代表に? ホリエモン案にNHK党・立花孝志氏が公開オファー

2021年04月23日 18時44分

前澤友作氏(左)と立花孝志氏

 実業家の堀江貴文氏(48)が外部講師を務める政治家養成の「堀江政経塾」が23日、都内で開かれ、堀江氏とNHK受信料を支払わない方法を教える党(NHK党)の立花孝志党首(53)が来る衆院選や参院選へ向け、著名人候補をリストアップ。思い立ったが吉日とばかりに実業家の前澤友作氏(45)に国政政党代表の座を譲るというのだ。

 国政選挙で泡沫の政治団体を一堂に集める諸派党構想を練っている立花氏に対し、堀江氏は「芸能人を立てた方がいい」と力説。大麻取締法違反で逮捕も更生中の複数俳優や人気ユーチューバーの名前が飛び交った中、ネット衣料品通販大手「ZOZO」の創業者である前澤氏の名前が挙がると、堀江氏は「彼は正に向いている」とプッシュした。

 堀江氏は前澤氏と親交があるとあって、立花氏は仲介を求めたところ、「ツイッターで言った方が早い」(堀江氏)と立花氏はその場で「はじめまして 突然連絡してごめんなさい NHK党の党首の立花孝志でございます 唐突ですが、国政政党の代表をしていただけないでしょうか? ご興味が有れば一度ご説明させて頂きたく存じます」とメッセージを送信した。

 出馬オファーのハズが国政政党の代表ポストを譲る話になっているが、これにはワケが。前澤氏は〝お金贈りおじさん〟と称し、2年前からフォロワーに現金をプレゼントしている。国政選挙に出た場合は、買収行為とみなされる可能性があり、前澤氏自身が立候補するのは当面、難しいとみられるからだ。

 立花氏は「前澤さんの名前が出るところが堀江さんの凄いところ。前澤さんには立候補しないで、僕みたいに代表になってもらえればいい。オファーを受けてくれるなら僕は全然代表の座を引いて、裏方に回る。『前澤党』でも前澤さんの好きな党名にしてもらっていい」と前のめり。

 前澤氏はこれまでいくつもの社会貢献活動に従事し、現在は養育費未受給問題にも取り組んでいる一方、2023年の月旅行も予定している。突然舞い込んできた国政政党代表のオファーにどう反応するのか?

関連タグ: