立民・小西洋之氏が〝勝利宣言〟「鈴木宗男氏は相手にする価値もない」

2021年03月19日 23時30分

小西洋之氏(左)と鈴木宗男氏
小西洋之氏(左)と鈴木宗男氏

 日本維新の会の鈴木宗男参院議員(73)と立憲民主党の小西洋之参院議員(49)との間で起きたバトルで19日、小西氏が一方的な〝勝利宣言〟だ。

 18日の参院予算委で宗男氏が小西氏の言動を問題視したことで勃発したバトル。この日、宗男氏はブログで「小西氏は、ブログ等で書き込みをしているようだが、言いたいことがあるなら堂々と言って来たらいい。私は逃げ隠れしないし、言い訳もしない」と直接対面を望んでいた。

 ところが小西氏は「ムネオ節炸裂! 吠える立民・小西氏に『言いたいことがあるなら堂々と言ってこい」』と題した本紙記事を引用する形でツイッターを投稿。

「鈴木氏は予算委での暴言(事実無根の誹謗中傷)の後、目が合ったので睨み付けるとペコペコ頭を下げていた」と記し、いわばメンチを切ったら、謝罪してきたというのだ。

 さらに〝小西節〟は止まらない。

「自民党に入りたい一心の売名行為と言われている。鈴木氏は各委員会で狼藉を繰り返しており、予算委でも会議録削除が協議されている」と宗男氏を狼藉者呼ばわり。最後には「相手にする価値もない」と切り捨てた。

 ここまで激しく罵倒されて、宗男氏が黙っているハズがない。宗男氏 VS 小西氏はとんでもない展開になってきた。

関連タグ:
 

ピックアップ