松本人志 多人数会食で謝罪の石田純一に苦言「都知事になりかけた人やで」

2021年01月24日 13時30分

松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志(57)が24日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、俳優・石田純一(67)の多人数会食報道に自身の見解を述べた。

 石田は週刊新潮で報じられた、都内の焼き肉店での多人数会食報道を自身のユーチューブ番組で謝罪。午前0時過ぎまで行われたという会食は当初3人だったそうだが、最終的には10人ほどの集まりとなった。石田は「こういうふうになるんだったらそもそもここに来なかった」と弁明。1時間近くにわたる謝罪動画には多くの低評価が付けられ「いい加減にしろ」「もう表に出てこないで下さい」など非難が殺到した。

 松本は同報道に「都知事になりかけた人やで」と2016年の都知事選に出馬を目指していたことを引き合いに出して石田をやゆ。これにゲスト出演の作家・乙武洋匡氏(44)は「実際の政治家は会食しないと死んじゃう病みたいになっているから、もしかしたら同じタイプかもしれませんね」と述べた。

「この人はすぐ謝るよね」と石田の特徴を分析した松本は「もう、何回謝ってんねん!くらい謝ってるよね」と指摘。石田はコロナ禍における問題行動がいくらか週刊誌で報じられている。「ここでもう次の分、謝っておけばいいやん。撮りだめしておけばいい」とイジった。

関連タグ: