辛坊治郎氏 コロナをめぐってメディア批判「重症者の大半は退院している」

2021年01月13日 15時33分

辛坊治郎氏
辛坊治郎氏

 ニュースキャスターの辛坊治郎氏(64)が13日、ツイッターで新型コロナ報道をめぐるメディアの〝ミスリード〟を批判した。

 辛坊氏は「重症者の大半は生還して退院し、逆に中等症等に分けられた高齢者が多く亡くなっているのです。こんなこともメディアはちゃんと伝えなくちゃいけないのにね。ところが毎○新聞はかつて『重症じゃなくても死ぬ』と、恐怖を煽るツールにこの事象を使いました。酷い」とばっさり切って捨てた。

 辛坊氏は12日に、人工呼吸器を使えないで死亡するケースが増えているといった趣旨の朝日新聞の記事について「超高齢者に人工呼吸器を使わないのは、本人や家族の希望によるケースが多い。体への負担が大きいことに加えて、もう一つ大きな背景がある。日本で一度人工呼吸器を使い始めると『外すと死ぬ』となったら、医者は家族の希望でも外せない。殺人罪に問われることになるから」と、その背景を解説している。

ピックアップ