山口達也容疑者 事故直後は「座り込んで下を向いていた」目撃者が証言

2020年09月22日 17時04分

山口容疑者は事故現場で座り込んでいた

 元TOKIOの山口達也容疑者(48)が22日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。

 事故現場は交通量の多い片道1車線。目撃者によれば、事故を起こした山口容疑者は「すぐ横の歩道に座り込んでいました。下を向いていた」と自らが犯してしまった罪の大きさを後悔しているようだったという。

 道幅は、追い越しできないほどで、現場は騒然。「警察官が数人いて、何ごとかという感じでした」(別の目撃者)というお騒がせぶりだった。